税務調査の対応方法

税務調査の対応を細かな部分から説明していきます。

注意したい権利

Filed Under 税務調査対応 注意したい権利 | Posted on 7月 14, 2008

税務調査の対応として注意したい点
税務調査初心者では調査官にコロッと騙されてしまいそうな手口なのですが対応時に気をつけましょう。
個人の方で税務調査が相続税をきっかけで初めて経験される場合などには、どう対応していいのか、未知の世界ですので対応に特に注意が必要です。

~対応 レジ・金庫は調査できない~
務調査に際してレジや金庫を調べようとする税務署員がいます。検査というのは、任意に提出した関係書類などを調べることであり、納税者の承諾なしに勝手にレジや金庫を調べることはできません。現金商売の店では対応に気をつけなければいけませんね。
●憲法35条 礼状なしで侵入、捜索及び押収を受けることのない権利

~対応 承諾無しに立ち入るのは違法~
納税者に無断で店内や事務所、工場に入ることは違法となります。
●憲法35条 礼状なしで侵入、捜索及び押収を受けることのない権利

~対応 書類や帳簿は持ちかえれない~
調査が進む過程稀にで、「帳面を預かりたい」という場面が出てきたとします。でもこの場合でも、納税者の帳面を預かっても良いという同意がなければ、預かることはできません。きちんと対応しましょう。税務署が「預り証」を置いていき、帳簿を持ちかえってしまったといったような場合でも、納税者が返還を求めれば、それを税務署はことわることはできないことになっています。
●憲法35条 礼状なしで侵入、捜索及び押収を受けることのない権利

Comments are closed.