税務調査の対応方法

税務調査の対応を細かな部分から説明していきます。

細かな部分も調査

Filed Under 税務調査の対策と対応 | Posted on 9月 24, 2008

1.消費税の処理について細かく調査
商品券等の非課税取引や組合費等の不課税取引・消費税の課税対象とならないような物を仕入税額控除していないかどうか、簡易課税で課税売上げにモレがないかどうかまで調べられるようです。
2.源泉徴収もれなどを念入りにチェック
例えば、報酬等から源泉徴収もれはないかどうかであったり、またパートやアルバイトの扶養控除等申告書の提出の有無、また提出がない場合、税額表の乙欄を適用しているかどうか、といったことも見られるようです。
3.印紙税の貼り忘れなども確認
購入した印紙は適正に使用されているかどうか、契約書等では印紙が必要な文書か、また貼り忘れはないか、印紙は正しい金額か、消印はきちんとなされているか、等を細かく確認されます。日頃から印紙などの金券はきちんと管理しましょう。
日頃からのきちんとした、細かな処理の積み重ねで節税につながります。

Comments are closed.