税務調査の対応方法

税務調査の対応を細かな部分から説明していきます。

税理士のお仕事

Filed Under 税理士関連 | Posted on 6月 9, 2010

中小企業、個人事業者にとって税理士はどのような存在なのでしょうか。
顧問税理士を雇う場合には、税務に関するアドバイスはもちろん、税理士さんの持つ情報網や最新情報などがビジネスや事業に役立つことも見逃せません。

税理士は、クライアント先に毎月訪問しますので、企業経営者と接する機会が多く、経営者のよきアドバイザーとして、日常の取り組みから新たな取り組みへと繋がる可能性を見つけ出す役割も担っています。加えて、様々な企業の抱える問題点、悩みについての解決策についても多くの事例を経験している場合、本当に頼りになります。

[税理士の基本業務]
1. 税務代理
2. 税務書類の作成
3. 税務相談

上記の3つの業務は有償・無償を問わず、税理士でなければ行うことはできません。

◆税務代理
税務署などに提出する確定申告、青色申告の承認申請、税務署の更正・決定に不服がある場合の申立て、税務調査の立会いなどを代理します。

◆税務書類の作成
クライアントに代わって税務署などに提出する確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書、不服申立書、その他税務署などに提出する書類を作成します。

◆税務相談
税金の算出方法、相続、贈与などに関する税のあらゆる相談に応じ、専門家として適切な指導を行います。また、税理士は税務と会計の専門家として、経営指導や経営戦略の相談などのいわゆる”企業コンサルタント”としての業務も求められるようになってきています。

Comments are closed.