税務調査の対応方法

税務調査の対応を細かな部分から説明していきます。

対応の基本的な心構え

Filed Under 税務調査の対応, 税務調査の対策と対応 | Posted on 8月 9, 2010

税務調査はどうしてもナーバスな気持ちになってしまいます。しかし、ナーバスな気持ちのまま対応しても、プラスになることはあまりありません。そこで税務調査の対応について簡単にまとめておきましょう。

なんだかんだ言っても、税務署から税務調査の連絡があると何度経験があっても対応にはナーバスになるものです。特に後ろ暗いことをやっているわけでもないのに、ドキドキしてしまう・・・誰にもある感情です。ナーバスになるのが当たり前だとおもうことで、少しはナーバスな気持ちもおさまっていくのではないでしょうか。

特に、税務調査の場合には対応次第でなんとかなりそうなところもあるので尚更です。日頃から税務調査がいつ来てもいいように帳簿をきちんと整え、資料も整理できていれば対応もスムーズに行えます。忙しさにかまけて帳簿がずさんな管理だと税務調査の対応もままなりません。

いざ税務調査が入ったときに、帳簿や資料の不備を指摘されてしまうと、どうしても税務調査官のペースで進められてしまいます。何かと不利になるケースもありますし、弱みを見せると精神的に前向きになれないため対応が後手にまわることもしばしば。

やはり税務調査の対応で強気になれるよう、日頃から帳簿や資料はきちんと整理しておくことが肝要です。いざ税務調査の対応を行う時に自分のペースで対応できるので、前向きな対応ができます。何事も自分のペースで出来れば、税務調査の対応においてもいい結果が導かれるものです。きちんと知識を身につけて自分から取り組めるように勉強していきましょう。

Comments are closed.