税務調査の対応方法

税務調査の対応を細かな部分から説明していきます。

対応の基本的な心構え~その2

Filed Under 税務調査の対策と対応 | Posted on 9月 21, 2010

個人事業者の方、脱サラして個人で起業したばかりと云う方は、まだ税務調査の経験がないと思います。
何事も初めての場合、知らないことばかりで焦ってしまうものです。特に初めての税務調査の対応をどうすればいいのか悩むことになるでしょう。今回は税務調査の対応について、初めての方の心構えについてご紹介しましょう。

まず、管轄の税務署から電話で「税務調査を行います」という連絡が入ることになります。相続税などの個人対象の税務調査の場合は、葉書や書面にて調査したい旨と実施予定日時を連絡してくることもあります。

こうした税務調査の連絡があったら、『調査対象期間』と『調査対象』をしっかりと確認しましょう。税務調査の対象期間と調査対象を確認しておけば、税務調査に対応する時の段取りが事前にできますから、当日になってドタバタすることを防げます。

具体的な必要書類等の準備、対応の相談は顧問の会計事務所や税理士さんと打ち合わせして準備しておきましょう。

税務調査に訪れる相手の部署と氏名をしっかりと確認し、税務調査日程は担当の税理士と相談して折り返すと伝えましょう。担当の税理士さんや会計事務所には早めに連絡して予定を組みましょう。

税務調査日程については、よっぽどの用事がある場合以外は変更できませんが、重要などうしても外せないような用事があれば変更対応してもらえる場合があります。しかし、たびたび変更すると変な詮索をされたり、隠ぺい工作を疑われたりと税務調査のときに変な先入観を持たれますので、できれば日程の変更などはしないほうがいいでしょう。

Comments are closed.