税務調査の対応方法

税務調査の対応を細かな部分から説明していきます。

税務捜査 対象1

Filed Under 税務調査の対応 はじめに | Posted on 4月 4, 2008

税務調査の対象とは

税務調査とは一般に税務署の行う「任意調査」です、そもそも税務調査に強制力はないのですが、質問検査権が与えられている為、避けては通れないのが実情なのです。また昨今は、税収不足が叫ばれる中、税務署側も不退転の決意で臨んできている為、追加税が発生するとその負担は大変なものとなることがあります。一般の方は申告書を受理してもらえば終了と考えている方が多いのですがその後じっくり調べて3年分は調べにくるのが税務調査です。

調査対象となりやすいところ 
 ①反面資料もしくは内部告発があり、所得隠しの疑いのある悪質な場合
 ②法人で消費税を還付されている場合
 ③職別建設業等、バックリベートのあることが多い職種
 ④好況業種、または累損を一掃した会社

また、最近の調査は、細かい部分まで調査を指示されているようで、そう簡単には終わりません。また通常2~3日間の日程を要求してくるでしょう。

Comments are closed.